盗聴器を発見する方法|防犯カメラを設置して安全を守る~大事なデータもSDカードに保存~

CrimePrevention

自分のプライバシーを守る~発見しにくい盗聴器はプロにお任せ~

盗聴器を発見する方法

耳

盗聴器が設置されやすい場所

住人のプラバシーを脅かすものとして、盗撮と盗聴があります。盗撮のほうは録画のためにレンズを利用するため、ある程度は仕掛ける場所が決まっています。しかし、盗聴のほうは音声を拾える場所ならばどこにでも仕掛けられるのでとても厄介です。コンセントの差し込み口や、差し込みを増やすためのコンセントタップなどは、盗聴器に必要な電源が取れますので、設置されやすい場所といえるでしょう。しかし、盗聴器自体に電池やバッテリーなどが付属している場合は、外部からの電源を必要としません。従って外部電源を必要としないタイプは、ありとあらゆるところに仕掛けられる可能性があります。そのため、ぬいぐるみなどにも仕込むことが簡単なので、プレゼントには注意したほうが良いでしょう。

家の中で発見するには専門家の力が必要

盗聴器を発見するために有効な機器は、個人でも簡単に購入することができます。しかし、あらゆるところに仕掛けられる盗聴器を、知識のない素人が探すのは簡単ではありません。それに加えて、個人で購入できるレベルの機器は正確ではないため、安心が欲しいのなら、専門家がいる業者に依頼をした方が確実です。そうすれば、プロが使う高性能の機器で、家の中をくまなく探してくれるので、探索後は以前の暮らしを取り戻せます。なお、業者に仕事の依頼をする際には、仕掛けた相手に気がつかれないようにするために、家の外から連絡をしましょう。ただし、携帯電話(スマートフォン)が盗聴されている可能性もあるので、公衆電話を利用することをおすすめします。

信頼できる業者を探すために気をつけること

盗聴器を発見してもらうために、業者を探すのなら、アフターサポートがしっかりとしているところを選びましょう。盗聴器を仕掛けられるということは、すでにトラブルに巻き込まれてるので、これから先の対処を考えなければいけません。相手がもう一度、仕掛けにくるかもしれませんし別の行動を起す可能性もあるので、そのことも含めて相談できる業者を選択しましょう。そして、アフターフォローの一環として、法律相談ができるところもお勧めします。業者や当事者で解決を目指すよりも、法律に頼ったほうが確かな場合も多いからです。盗聴器の発見の後におこなってくれるサービスは、各業者の公式サイトに載っているので、きちんと調べてすっきりとした解決を目指しましょう。

広告募集中