CrimePrevention

SDカード付きの防犯カメラで犯罪を未然に防ごう!効果的な防犯対策

防犯対策に役立つおすすめアイテム

いつ誰が犯罪に巻き込まれるのかは、誰にも予測できません。したがって、日頃から防犯意識を高め、自分で自分を守ることが必要になります。そこで便利なのが、様々なタイプの防犯アイテムです。防犯カメラやGPS機能を搭載したアラームなど、犯罪の予防や犯人の特定に役立つアイテムが数多く販売されています。

犯罪から身を守る対策法

メンズ

初めて防犯対策をする時に注意するポイント

これまであまり防犯対策してきた経験がない方は、知っておくと役立つポイントがあります。基本的に防犯対策は、予防したい犯罪によってアイテムも方法もそれぞれ異なるのです。したがって、その犯罪の特性を正しく理解し、正しい方法を選ぶ必要があります。例えば、空き巣の防犯対策としてカメラを設置する場合、侵入ルートを特定してから設置しないと効果がありません。また、何カ所も侵入ルートがある場合は、すべてのルートを監視できるように、複数設置することが求められます。万が一、死角をつくってしまった場合は、犯人に狙われるリスクが高くなるのです。このように、正しい対策法をしっかりと調べてから実践するようことが重要といえます。

おすすめの防犯対策法

ここではオススメの防犯対策法をいくつか紹介します。まずは自宅のラクガキ被害や空き巣対策に利用できる防犯カメラです。最新型のカメラはSDカード搭載で、ケーブルが必要ありません。また、高い暗視機能で夜間の画質もアップしています。まさに、予防と証拠記録を同時に実現できるアイテムです。そして、盗聴器を発見するための電波受信機も役立ちます。誰もがまさか自分が盗撮されているとは思っていません。したがって、自分で探そうという考えすら思い浮かばない方が多くいるのです。この盗聴被害も、自分で見つける方法や専門家に依頼する対策法が選べます。その他、子供が犯罪に巻き込まれないために、GPSを携帯させる方法も効果的です。スマホの普及で多くの方がGPSを携帯するようになりましたが、子供のスマホ所有はまだまだ普及していません。もしもの時、どこにいるのかをわかるようにしておくことは、とても効果的な予防対策法です。

初めて利用する場合も大丈夫!困った時に役立つQ&A

侵入ルートがわからないけどどうすればいいの?

敷地へ入る侵入ルートがわからない方は、最低限でも玄関、裏口、大きな窓周辺を監視できる位置に取り付けてください。基本的にこのようなドア、もしくは窓から侵入される割合が高くなります。

外出中にカメラって確認できないの?

防犯カメラのタイプによっては、外出先からスマホで確認できるモデルもあります。この場合、映像の記録データをネットワークに保存するタイプになるので、あらかじめネットワーク対応型のカメラを購入しなければなりません。

盗聴器っていつ取り付けられるの?

盗聴器が仕掛けられるタイミングはいろいろありますが、自宅内に設置されている場合は、必ず犯人が過去に侵入しています。例えば、修理業者を装って侵入しているケースや、引っ越し前の内装業者が犯人だったというケースも十分考えられるのです。

盗聴器って見た目じゃわからないの?

自宅内に仕掛けられる盗聴器は、見た目で判断するのがとても難しいです。最新型の盗聴器はとても小型で、コンセントなどに仕込まれていると分解しなければ発見できません。したがって、受信機による捜索が効果的になります。

[PR]

広告募集中